Microsoft Teams使い方:会議の設定/招待/参加方法【2020】

Microsoft Teams解説 Microsoft
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Microsoft Teamsの使い方を解説します。
今回は会議を予約してユーザーを招待する方法と、
Web会議に参加する方法です。

スポンサーリンク

Microsoft Teamsの使い方 会議の予約方法

Microsoft Teams での会議を設定する方法 デスクトップ(PC版)

会議を設定する方法は、
・マイクロソフトチームから行う方法
・Outlookから行う方法
の2つがあります。
どちらもできる内容は同じですので、お好きな方法でご利用ください。

スポンサーリンク

Microsoft Teamsの使い方:会議の種類を決める

会議には次の2種類があります。

◆スケジュールミーティング
あらかじめ予定を組んでミーティング・会議を行う方法です。
目的にあわせ、次の2つがあります。
・チャンネルミーティング:予定された会議で、チャンネルに登録された人が全員参加することができます。
・チャンネル登録していない人や外部のユーザーを招待する会議
◆即席ミーティング
ミートナウ機能を使って、今この場で話し合う会議です。
あらかじめ予定を組んでいなくても会議を行うことができます。
以下、それぞれの予約方法を解説していきます。

Teamsの使い方:会議をする方法

teamsで会議を予約して行う方法

Teams での会議を予約するには、大きく次の2つの方法があります。

1.Microsoft Teamsから会議を予定する方法
2.Outlookから予定する方法

それぞれ解説していきます。

Microsoft Teamsから会議を予定する方法

予定表から会議の予定を組む方法です。
「チャネル」(いわばチーム内のさらに小さなグループのようなイメージ)を指定する場合と、
チャネル以外のユーザーや外部の人を招待するやり方があります。

チャネルとはチーム内での情報共有の単位です。
プロジェクト単位のメンバーや、さらに小さなスモールグループ・担当メンバーなど細かく設定することができます。
いつも同じメンバーで会議をするのであれば、チャネルに登録しておくと簡単に会議を行うことができます。

Teams の左側のバーにある [予定表]タブ に移動し、右上隅にある [新しい会議] をクリックします。

チャネルを指定して予約する場合

ウインドウが表示されるので、タイトルなど項目を入力します。

チャネルを選択し、スケジュール設定を選びます。
スケジュールアシスタント機能を使うと、メンバーの都合の良い時間の検索も行うことができます。
保存すると招待状が送信されます。

予約した会議がチャネルに投稿されていればOKです。

もし定期的に会議を行う場合はメニューを開きます。
希望の頻度を選択するか、独自の頻度を設定します。

組織の外部も含め招待するユーザーを指定して予約する場合

ユーザーを検索・指定、もしくは外部のユーザーはメールアドレスを入力して招待します。

Outlookから予定を組む方法

Outlookから予約するには、ホームから「新しいTeams会議」をクリックします。

会議のメールの作成画面が開くので、必要事項を記入します。

アウトルックから会議を作成するにはアドインが必要です。

Outlookで会議を予約すると、Teamsに表示されます。

Teams使い方の本はこちら

すぐに会議を始める方法

[予定表]から、右上の「今すぐ会議」をクリックします。

タイトルやビデオの使用など必要事項を設定します。
設定を終えたら今すぐ参加をクリックします。
会議が開始しますので、他のユーザーを招待します。

招待したいユーザーを選択、または招待相手に会議のリンクを送信します。

会議中に参加者を招待する場合

下のバーの「参加者を表示」を選択すると、会議に参加しているユーザーが表示されます。
ユーザー欄に招待したいユーザーの名前を入力すると表示されますので、選択して追加することができます。

外部のユーザーの会議への参加

外部のユーザーを招待した場合、相手への参加許可が必要です。
会議に接続してロビーで待機していれば表示で確認できます。

Microsoft Teamsの会議に参加する方法

会議に参加する場合は
・teamsまたはOutlookの予定表に表示されている、参加予定の会議を選択
⇒参加をクリック
・チャットのリスト表示から
・受診した招待メールのリンクから
・アプリまたはWebを利用して

参加することができます。

解説動画

Youtubeに会議の予約の解説動画があります。

How to manage Microsoft Teams meetings

Microsoft Teams認定、
ノイズキャンセリング機能のついたイヤホンならこちらが人気です。

まとめ

microsoft teamsの使い方としてビデオ会議を開催する方法をご紹介しました。
情報は更新を務めておりますが、バージョンの変更などに伴い内容が合致しない可能性もあります。
最新の情報・使い方は公式のマニュアルをご参照ください。

こちらの記事も読まれています。

Microsoft Teams 使い方:ショートカット一覧とPDF【2020】
今回はMicrosoft Teamsのキーボードショートカット一覧をご紹介します。 作業効率改善のお役に立てれば幸いです。 ページの一番下にPDFファイルへのURLリンクがありますので、ダウンロードしてご活用ください。 Micro...
zoom以外のvideo・web会議システム比較10選【無料~有料】
今回はzoomの代わりに使えるテレワーク用のツール・アプリをご紹介します。 Web会議、チャット、メッセンジャー機能や、 ファイル転送などの機能を備えたシステムです。 zoom以外のテレワーク・オンライン会議システムの比較 無料と有...

マイクロソフトの公式サイトはこちらから

公式サイト

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Microsoft
スポンサーリンク
ハレジョブ

コメント

error: Content is protected !!