朝顔の花言葉:青・白・ピンク色別の意味とちょっと怖いお話

花言葉 年中行事
スポンサーリンク

今回は朝顔の花言葉をまとめました。
夏の朝を彩る朝顔は、「今日も暑くなりそうだな」という朝の始まりにも
さわやかさを与えてくれる存在。
そんな朝顔の花の花言葉を色別にまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝顔の花言葉

朝顔の花言葉は
「愛情」
「結束」
「明日もさわやかに」
です。

朝顔は早朝に花を咲かせ、昼過ぎにはしぼんでしまいます。
けれど蔓(つる)はしっかりと支えに巻き付き、上へ上へと伸びてきます。
花や本体をしっかりと支えてくれる支柱と蔓の結びつきは
「愛情」
「結束」
という言葉にぴったり。

気温の高くなる日中には花をしぼませてしまっても
また翌朝には花を開かせることから
「明日もさわやかに」
咲いてくれることを予感させてくれます。

日中の気温の高まりを予感しつつ、まだ気温の上りきらない朝に咲く朝顔は
見る人に笑いかけているように
彩りを与えてくれます。

では次に色別の花言葉を見てみましょう。

朝顔の花言葉:色別

朝顔の花言葉:青

青い色の朝顔の花言葉は
「はかない恋」
「かたい約束」
です。

今では品種改良が進み、様々な色や形の花がありますが、
もともとの原種の花は青。
一重で香りも強くはなく、素朴で控えめな印象もありますね。

そんな朝顔の習性をみて
「はかない恋が終わってしまうよう」
と考えたのかもしれませんね。

一方では、支柱にしっかりと蔓(つる)を巻き付ける姿は
「かたい約束」で結びついているかのよう。

朝顔の花言葉:ピンク

ピンクの朝顔の花言葉は「安らぎに満ち足りた気分」。
かわいらしい姿と、ピンク色の柔らかい雰囲気は
安らぎに満たされた空気を与えてくれますね。

朝顔の花言葉:紫色

紫の朝顔の花言葉は「冷静」です。

朝顔の日本での歴史は古く、奈良時代に中国から伝えられました。
平安時代は宮中の役人の身分を色別で表しており
その中で「紫色」は「高貴」さの象徴で、
貴族の中でも高い位の人が身につける色でした。

朝顔の紫の色は、落ち着きと気品を感じさせるたたずまい。
まさに「冷静」という花言葉にぴったりですね。

朝顔の花言葉:白

白い朝顔の花言葉は「固い絆(きずな)」と「喜びにあふれる」です。

夏の朝にさわやかな白い朝顔が咲きほころんでいると
見ている方にもあふれる喜びが広がるような印象ですね。

朝顔の花言葉がちょっと怖い

また、白い朝顔の花言葉には
「私はあなたに絡みつく(からみつく)」というものがあります。
これは、朝顔のツルが支柱にからみつくようすから来ているものです。

「かたい絆」も行き過ぎると、
執着となって燃え上がってしまうのかもしれませんね。

朝顔の歴史と豆知識

朝顔は、ヒルガオ科サツマイモ属の植物です。
漢字で「朝顔」や「牽牛子(けんごし)」・「牽牛花」と書きます。
奈良時代に中国から薬用として伝わりました。
平安時代には薬草として使用されていました。
古くから日本人に愛され、江戸時代では2回のブームを迎え、現在でも各地に朝顔市が立っています。
また、江戸時代から品種改良も盛んにおこなわれてきました。
原種は薄い青色ですが、紫や濃紺、浅黄色、白や紅色、ピンク、茶色などさまざまな品種が誕生しました。
珍しいものでは黒や黄色なども作られています。

朝顔の英語

朝顔は英語で言うと、「Morning Glory」といいます。

Morningは「朝」という意味。
Gloryは名誉や栄光、輝き、繁栄など「すばらしい」という意味です。

「朝のかがやき」なんて、素敵な名前ですね。

朝顔の季語

「朝顔」は夏ではなく秋の季語です。
朝顔に つるべ取られて もらひ水(加賀千代女)
という俳句もありますね。
万葉集などで「朝顔」と呼ばれているものは、現在私たちが朝顔としているものではなく、桔梗(ききょう)や槿(むくげ)という種類の植物を指しているとされます。

まとめ

今回は朝顔の花言葉をご紹介しました。
夏の朝を彩る朝顔。
今日も一日、良い日でありますようにと微笑みかけてくれているようですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
年中行事
スポンサーリンク
ハレジョブ

コメント

error: Content is protected !!