■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.yaoyorozu-hito.jp/blog/blog.php?key=6717
2016年01月12日(火) 

年明けから、「場所」について考えています。

 

杉並TVは、今、私の自宅をメインスタジオにしています。昼間は子どもたちもいないし、ネット環境も完備。使わない手はない。”おうちスタジオ”は今後も広めていきたいひとつの方向性。

*過去のブログ「家庭文庫ならぬ家庭スタジオ」

 http://sns.yaoyorozu-hito.jp/blog/blog.php?key=4209

 

ただ一方で、広く開かれた場もあるといいなあというのは、ずっと感じているところ。 

しかし、常設の場所をどこかに構えるというのは、何度考えてもしっくりこない(そもそもそんな資金もない)。

 

ふと周囲を見渡せば、コモンスペースとして使える場所がそこここにある。しかも最近、私は公共施設の会議室はほとんど使わなくなっていて、民間運営の場所。利用料はもちろん無料ではないけど、場所のほうも、「使われたがっている」、はず。

 

私にできるマッチング。それらをつなぎあわせてwin-winな取り組みに。

 

...そんなことをつらつらと考えていたら、こんな記事に出会った。そんな本日。

 

 

WIRED 

ティム・トンプキンズ✕林厚見

「いま都市を考えるために必要な4つのパースペクティブ」 

http://wired.jp/special/2016/community/

---- 

日本のタウンマネジメントのリーダーたちは、
自ら戦略的に課題を解決し、街を経営していくという
マインドセットが弱いのが大きな問題です。
だからこそ、都市は新しい視座で
空間の潜在価値を掘り起こし、
顕在化させていくコミュニケーターを
必要としているのではないでしょうか。林厚見


閲覧数535 カテゴリ道具の使い方 コメント0 投稿日時2016/01/12 18:38
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
高橋 明子さん
[一言]
八百万人にて、事務局長を務めます。生活者一人ひとりがメディアである…
■この日はどんな日
ほかの[ 01月12日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み